DEVELOPMENT

流星源

アーク風洞での実験

流星源の開発は順調に進んでおり、研究機関の実験では、都会の空でも明るく輝くレベルを確保することに成功しています。

アーク風洞は、物体が大気圏に突入する模様をシミュレーションする装置です。真空にした装置の中で、流れ星を発生させる粒子を模したサンプルに高圧・高エネルギーのジェットを噴射することにより、大気圏突入と同じ状況を再現。大気との摩擦によって燃焼する際の明るさを測定します。 2014年冬の実験時点ではマイナス0.86等星の明るさになることがわかっています。