Founder, CEO

岡島礼奈

岡島礼奈

東京大学理学部天文学科卒
同大学院理学系研究科天文学専攻にて 博士号取得 理学博士(天文学)

在学中に、サイエンスとエンターテインメントの会社を代表取締役として設立。
ゲーム、産学連携のサービスなどを立ち上げる。JAXA宇宙オープンラボ採択。

卒業後、ゴールドマン・サックス証券戦略投資部にて、債券投資事業、PE業務等に従事。

2009年より、新興国ビジネスコンサルティング会社を設立、取締役。

2011年9月に株式会社ALE設立。
現在、株式会社ALE 代表取締役社長

流れ星を好きなときに好きな場所で、好きな人と見られたらいいな。このプロジェクトは、そんな淡い夢からスタートしました。
ただしこのプロジェクトには、流れ星をエンターテインメントとして楽しめるようにするという目的とは、またひと味違った観点に立った魅力もあります。

中高生の頃、私は科学者、特に宇宙物理学者になりたいと思っていました。残念ながら研究者の道には進めませんでしたが、代わりに新たな人生のテーマを見出すことができました。それが「科学と社会をつなぐ」存在になっていくことによって、科学の発展に貢献していくというテーマでした。

私は大学在学中、日本の天文学が巨額の公的援助に支えられて成り立っていることを知りました。公的資金を大量に投入し、巨大な装置を作ることで、より遠くの宇宙に目を向け、さらに精度の高い実験観察を行っていくというのが、現在の日本の天文学の在り方になっているのです。

もちろんこのようなアプローチによって、様々な発見がもたらされたのは事実です。また天文学が、一種の巨大な国家プロジェクトになっているのは、世界各国で共通している現象でもあります。

しかし私は少し違う形でチャレンジをしてもいいのではないか、と思うようになりました。具体的に言うならば、民間のセクターが中心になり、一つのビジネスモデルとして財源を確保しつつ、天文学の発展に寄与できる道はないだろうかと考えるようになりました。そこで私が思いついたものこそ、この人工流星プロジェクトだったのです。

人工流星プロジェクトは、天文学とエンターテインメントビジネスが組み合わさった、今までにない新しいスタイルのプロジェクトです。科学 の力によって生み出された人工流星が、採算性の高いエンターテイメントビジネスとして機能し、そこからもたらされた活動資金が、さらに基礎科学の研究を発展させていきます。

子供の頃に抱いた淡い夢が現実のものになるだけでなく、公的資金や寄付金だけに頼らない新しい形の基礎科学の発展に貢献することができるという意味でも、私はこのプロジェクトにとてもワクワクしています。